ライター募集 掲示板

これまで私がライターをしていて良かったと思う事は…

私がこれまでライターをしていて良かったと思うことは何度もありますが、やはり何といっても自分の都合に合わせてその作業量や、タイミングを調整する事ができることが一番ありがたい事だと思います。

例えば納期に余裕がある場合は、今日もそうだったのですが、風邪気味で朝から体調が良くないと思えば、昼間の間は薬をのんでほぼ一日中体を休めて、夜になり体調が良くなったと思ったら、少しだけ作業をする、もしくは、全て翌日にまわしてしまうこともできます。

もちろん、用事で一日家を空けるほど忙しい日などははじめからやらない、など作業量やスケジュールを自分で調整する事ができ、私の性格にはとても向いている仕事だと思います。

こういった利便性から、私は今ではライターとは全く違う仕事を持って自宅で両立させて働いています。

もしかしたら、普段は会社勤めをしている人も空いている時間を利用してライターをすることができるのではないかな?とも思います。(ライバルが増えるのは困りますが)

また、ライターを始めて良かったと思うことは、以前はただただ毎日決まった家事をこなすだけで、このままではあっという間に若年性認知症になってしまうのではないか?と思うほど、単調で退屈な毎日を過ごしていました。

しかしライターを始めてこの生活が一変しました。私の場合、毎回違ったテーマで記事を書きますが、テーマによってはその内容を調べたり、頭を使って考えたりと、脳にとっても以前よりもはるかに刺激的な生活に変わっていると思います。

ライターの仕事は国語の作文が得意だった人には、お勧めの仕事だと思います。ライター募集をするならまともなところでね!

誰でも気軽に始められるライター!片手間で報酬をゲットしよう!

なにか気軽に始められるお小遣い稼ぎはないかなあと探している内に、ライターのお仕事と出会いました!ライターのお仕事は、専門的な資格も技術も必要ありません。日記やメールを書くのと同じように、いつものように文章を書けられれば いいんです♪

実はこのライターのお仕事に出会うまでは、他のお小遣い稼ぎをしていたのですが色々大変だったんですよね…!

例えばそのお仕事の専門的な知識を得るために、毎日情報収集したり、勉強したり。そうじゃないとお仕事ができない上に、お客様にも迷惑をかけちゃいます。ついでに言うと「まだ覚えてないの?」「自分で調べてください!」なんて怒られちゃったりしました…

そして資格をとることも考えてみましたが、これも本当に大変ですよね。私は国家資格取得を目標に、テキスト本を買い込んでみましたが、もう学生生活を終えて何年も経ってしまっているので衰えた脳がまったく覚えようとしてくれません(笑)

そこで改めてライターの良さに感動したのです!

もちろんライターのお仕事も様々で、専門的な知識などがなければ書けないようなものもあります。しかしこれは在宅ワークの素晴らしさ!即答は求められていないので、自分で調べれば済みます♪インターネット環境さえあれば、検索エンジンを利用して特別な知識がなくても専門的な記事のライティングができちゃいます

さらにその経験で新しい知識や情報が手に入るから、今後の生活やお仕事にも活かせますよ!そしてぶっちゃけたお話、お仕事は選べるので自分のできる範囲内で記事をライティングしたっていいんです。誰でも気軽に始められるライターはとってもイイですよ。

ライターライフで毎日生き生き!イキイキ生活になりませんか?

私はブロガーでした。ペットの猫の事を日々つづる生活にもそこそこ満足していました。猫友も増えて。友達がブログにコメントしてくれる事も本当にうれしかったです。

でも、ある日ふと気づいたのです。ブログを訪問してくれるのは、友人だけ。また、同じように猫を愛するブロガー仲間。そして猫以外の書き込みをすると反応がない。それは共通の趣味でつながっている猫をタイトルにしたブログですから。そのほかのことに友人やブロガー仲間が興味がないのもうなづけます。

だけど私はだんだん猫のことだけでは満足できなくなってしまったのです。瞬間瞬間頭の中をよぎる思い。ニュースをみて、感動したり怒ったりすること。今まで生活してきた思い出。夫婦の事。仕事の事。将来の事。色々な事を思っているのでこれを是非とも発信したいと思ったのです。

そこで見つけたのがライターの仕事でした。色々なお仕事の種類があります。自分の考えや過去の経験をライティングする事も出来ます。また、商品の調査をしてPR文章を作成するなど、新たに学習する必要があるお仕事もあります。

なんと楽しいのでしょう!今までと違った世界へ足を踏み入れたような気分です。違うブログをもう一つ立ち上げたような錯覚さえ覚えます。

ブログで友人に見られるのも楽しいですけれども、友人より「あなたってこんな事考えていたんだ」「そんな経験していたんだ。意外だね」と言われる事が怖いので、当たり障りのない事しか書けませんが、ライターの仕事は自分が書いた内容をすべて譲渡してしまうので気持ちも楽です。しかもそれでお金をいただけるのですから。趣味が実益にもなっているのです。好きな事を仕事にできると言うのは最高の幸せです。ライターの仕事が大好きです。

私にとってライターの仕事は、日常生活にもよく効く心のクスリ!

在宅ライターを始めるようになって約半年。それまでは、小さい子どもをもつ専業主婦で、バイトにも出られず、子どもがいない間も買い物に行ったり時間をつぶしたり、生産的とは言えない時間の使い方をしていました。

ところが、ライターの仕事を在宅で始めてからは、新しく受けた仕事に沿って1週間のタイムスケジュールを決め、それに沿って外出や用事、仕事の時間を割り振るようになったので、無駄がなくなりました。午後には、子どもが帰ってくるので、仕事は午前中か夜の時間しかできませんが、その時間を有効に使えるようになりました。

また、ライターの仕事は、文章をただ書くのではなく、書く前に内容を整理して構成することが必要です。何を、どんな分量で、どのくらいの密度に仕上げるのか。下調べが必要なものもあるので、何をどのくらいの時間で仕上げることができるか、という見積もしなくてはなりません。

これらのことは、外に仕事をしに行っていれば、当り前のことかもしれませんが、子育てという、想定街のことが次々と起こり、時間が思うように使えない生活を何年も送っていると、その当たり前が通用しなくなっていました。時間の制約があってないような、のんべんだらりとした生活になりがちなのが、小さな子どもを持つ母親の生活です。(一時的にはこれも仕方がないと思っていますが)

私にとっては、ライターの仕事を在宅で始めたことは、やがて本格的に社会復帰するためのいい事前準備になっているのではないかと思っています。